優良地を格安で取得できる秘密があります

多くは35坪の家を基準にしているため、売られている土地も50坪程が平均的です。30坪前後の土地は業者が相手にせず、安い価格で取引されています。つまり30坪以下の土地に建てる、または50坪の土地であれば、分割して2軒建てられます。また、例えば斜面のように地形が悪いところを格安で購入し、成形して立てることも可能です。つまり土地代が総額つまり住宅ローンに大きく影響するので、上手な土地購入で住宅ローン負担を劇的に軽くすることが可能です。

狭い土地でも設計・建築でカバーできます

狭い土地でも、窮屈を感じず快適に過ごせる住宅を作るのが本物のプロの設計士のスキルです。広い土地×建築費のローン負担で苦労するか、コンパクトで快適な住宅でローンを軽くするか、どちらが幸せと感じるかよくお考えください。わからなければご相談ください。

20坪の家を30坪以上の住み心地にする方法

❶常時人がいないスペースを省く
住宅プランを立てる際、最低限必要なスペースをベースに考えることです。例えば常時人がいない玄関や廊下に必要以上のスペースをとらない。本当のゆとりはお客様の「心」と「家計」の中にこそ設けるべきものと考えます。必要の無いスペースを極力省くことにより土地と建築コストを抑え込むことが可能になってまいります。
❷細かく仕切らず自由に組める設計に
空間の最大限の活用が大切です。コンパクトだからといって窮屈に感じるようでは無意味です。最大限空間を活用するには中途半端な間仕切りを造らない事です。生活スタイルは時間の経過により変化していくので、の変化に対応できる構造や造作にしておくこと。例えば家具や布等をうまく配置して、間仕切りすることで生活スタイルの変化にあった家にする工夫をしましょう。

1千万円得する家の建て方!すぐ読めるWEB漫画

日テレ系「幸せ!ボンビーガール」に出演中の荒井建築士が監修する「1千万円得する家の建て方!すぐ読めるWEB漫画」今すぐ5分で読めます。言い換えれば1千万円損して一生後悔しないように読むことをお勧めします。

A-1PROJECT住宅問合せフォーム