電気を売って住宅ローン返済している事例があります

売電でローン返済A-1スマートキュート

実はA-1PROJECTの荒井代表の長男であり、A-1GROUP2社の社長である荒井宣貴が太陽光発電のSMART CUTEを採用しており、住宅ローン全額を売電収入で返済できております。また荒井代表の長女も小規模の売電収入をローンの一部返済に活用しています。

10年間の固定価格買取制度を利用できます

太陽光発電は10年固定価格買取保証

2009年以前に太陽光発電システムを導入していた家庭は、2019年に固定価格買取制度の保証期間が終了しますが、今から太陽光発電を設置するなら、10年間は固定価格で売電可能です。これは最低限の設備コストを回収できるシステムですのでリスクはありません。

売電価格も太陽光発電設置のコストも半額近くに

太陽光発電設置コストと売電価格が半分に!

実は固定価格買取制度が始まった時の売電価格は42円/kwhだったのですが、現在は半分近くにまで下がっています。ただし、太陽光発電設置のコストも半額近くに下がってきています。これは家庭で導入しやすくなるチャンスでもあります。

設備費の回収後はすべての電気が利益になります

太陽光発電の固定価格買取後の選択

太陽光発電を長い目で見れば、設備費を回収後はすべてが利益となります。固定買取制度終了後の選択肢としては、①現在の電力会社で売電を続ける。②新電力に売電する。③売電せずに電気を自家消費する。

蓄電池を使えば昼間に発電した電気を夜に使える

蓄電池を活用すれば、昼間に発電した電気を夜に使えるようになるので、時間に関係なく発電した電気を自家消費できるようになります。また蓄電池導入は地方自治体からの補助金を受けられるので、今ならコストを抑えて導入可能です。

災害時の非常用電源としての備えには建物が肝心

太陽光システムには建物の強度が肝心

太陽光発電+蓄電池があれば、停電や災害時の非常用電源として最大1500W程度の電力をカバーできます。ただし震災時には建物と同様に装置が破損してしまえば電気を使うことはできません。だから建物の耐震強度も重要です。太陽光発電を設置する場合の住宅はまとめて信頼のおける専門の業者に発注する方が安心です。

ローン返済してる太陽光住宅の実物を見学できます

売電でローン返済A-1スマートキュート

A-1PROJECTは太陽光発電住宅で実績がありますので、お悩みの方費用対効果・見積もりのことなど、発注するしないに関わらずまずご相談ください。実際に太陽光発電で住宅ローンを全額返済している茨城県の住宅を見学することもできます。

太陽光発電による売電の参考シミュレーション

発電シミュレーション諸条件によって価格がかわります)
・3寸勾配の屋根
・305wのパネルを18枚(5.49kw)
・東京に設置
・年間の発電予測 6,617kwh
(2019年の売電単価 24円(税込)/kw)
金額換算すると158,808円/年
※実際は昼間自家消費するので全て売電するわけではないですが、節約費用という意味では同じです。
自家消費(本来電力会社から購入する電気)+売電(昼間使いきれなかった分)=電気代の節約分

買取単価は申し込んだ年度から10年間買取が続きます。
また容量を10kw以上にすると買取が20年、14円(税抜き)となります。

保証
パネルの出力保証25年
パワコンの保証15年
自然災害保証
※添付資料ご確認お願いいたします。

住宅用はネクストエナジー社のご提案になります。

協力パートナー
サンリッチジャパン株式会社