ローン返済+生活スタイルの変化に対応する住宅

生活スタイルの変化に対応する家

若い人が賃貸からマイホーム取得に踏み切れない2つの理由。1つはローン返済が不安なこと、もう1つは将来の生活スタイルが読めないこと。住宅ローン返済の不安を解消し生活スタイルの変化に対応できるという2つのニーズに対応できる住宅があります。

最初は二世帯住宅としてマイホーム+賃貸収入

20代でマイホーム+家賃収入

20代で独身またはまだ子供を作らない夫婦であれば、二世帯住宅として1軒はマイホーム、もう1軒は賃貸してその家賃でローン返済に充てられます。この住宅のメリットはさらにメリットを生み出すことができます。

最初の10年間は猛スピードで繰上げ返済が可能!

夫婦共働きでスピードローン返済

そして共働き夫婦であれば2人分の給料を繰上げ返済に充てられます。もしマイホームを躊躇して賃貸生活を続けていたら、その分の家賃を無駄に捨てることになり、30代後半になってからマイホームでは全く不可能になります。

子供部屋が必要になったら部屋数を増やすことが可能

子供部屋が必要になったら

子供が2人でき、子供部屋が必要になったら、二世帯住宅の2階をつないで1マイホームのスペースを広くすることができます。その1階部分も1〜2名向けに賃貸することができます。間取りを変更できる設計になっているのでリフォームも低コストで済みます。

息子が結婚したら二世帯住宅同居も

息子が結婚したら二世帯住宅に

子供が成長し、結婚したらまた2階を間仕切りして二世帯住宅として同居もできます。息子夫婦にはローン返済に協力してもらえますし、まだ学生の娘は2階に個室を確保できます。息子夫婦が他で世帯を持った場合はメゾネット住宅として賃貸でき繰上げローン返済に充てられます。

息子夫婦に子供ができて子供部屋が必要になったら

息子夫婦に子供ができた場合の部屋割り

息子夫婦に子供が2人できて、大きくなって子供部屋が必要になったら、二世帯住宅の2階をつないで息子夫婦の子供部屋のために居住スペースを広くすることができます。その1階の残り部分を夫婦の部屋として使えば、息子家族とストレスなく低コストで二世帯住宅同居が続けられます。

生活スタイルの変化に対応した設計と施工いたします

ピーナッツみたいに仕切れる家

ご紹介したのは一例であり、あなたの生活スタイルの変化に対応した設計・施工をいたします。もちろんこれから先のことは予想がつかないかもしれませんが、まずはあなたの人生設計をお訊きし、人生設計が叶う家を提案いたします。ピーナッツのように仕切れる家だからピーナッツはうすと名付けました。